導線が実は重要なポイントだ!

住みやすい家は動線重視

住みやすい家を建てたいと考えると何を重視したら良いのでしょうか。素晴らしい最新の住宅設備を導入したり、広い間取りのリビングを作ったりするのが理想的と考えるかもしれません。しかし、実際に住み始めてみるとそれは意外に小さなことだというのに気づいてしまうこともよくあります。本当に住みやすい家を作るには間取りが大切なのです。
生活している人がどの部屋からどの部屋に移動していくのか、部屋の中でどのように動くのかと動線を考えて設計されているといつもストレスなく生活できます。あえて遠回りをするようにしようと考えるとかえって後悔してしまうことが多く、無駄なく動けるようにする間取りを作り上げると住みやすい家になるのです。

誰の動線を優先すべきか

動線を考えて間取りを設計すると住みやすい家になりますが、その家の中で生活する人は一人ではありません。家族全員が生活する以上はそれぞれの動線を考慮しなければならないでしょう。しかし、それを始めてみると意外に全員に適した間取りが見つからないことがよくあります。
このときに大切なのが誰の動線を優先して設計するかということです。最も不満が少ないのは家で生活する時間が長い人に合わせる方法であり、家事を主に行う人の動線を考慮して設計するとうまくいくでしょう。キッチンやお風呂場、トイレ、洗濯機置場といった家事に関わる部分の行き来をしやすいように間取りを設計すると効率的に家事ができるようになり、家でゆっくりと過ごせる時間ができるのです。

© Copyright Custom Homes Afford. All Rights Reserved.