まず知っておこう!建築条件付土地と注文住宅の違い

スムーズに建てるなら建築条件付土地

お家を建てるにあたって、まず知っておきたいのが「建築条件付土地」と「注文住宅」の違いです。
建築条件付土地とは、簡単に言うと制約付きの土地、ということになります。定められた条件を飲める人だけが土地を購入することができるのです。「指定のハウスメーカーで建築する」「土地の契約から3か月以内に着工できなければ契約は白紙となる」「契約が白紙となった場合は全額返金される」といった建築条件が多いですね。
ハウスメーカー側がその土地に合ったサンプルプランを作ってくれていることが多いので、それを基に打ち合わせを進めていくことができます。また、地質調査や制約調査などを済ませてくれていることがほとんどなので、時間もコストも節約でき、着工まで比較的スムーズに話が進みやすいのが最大のメリットです。

最大限こだわりたいなら注文住宅

注文住宅とは、文字通り「注文を受けてから建てる住宅」のことを言います。
建築条件付土地との最大の違いは、建築条件が無いことですね。自分の好きなように建てて良いのです。ハウスメーカー、工務店、建築家などどこに依頼しても構いません。そして依頼先と一から建築プランを一緒に練り上げていきます。
土地の選定に始まり依頼先の選定、建築プランの作成、そして細部まで打ち合わせをしていかなければならないので、かなりの時間と労力を費やすことになります。しかし、自分のこだわりを最大限強調できる「オンリーワン」な家を作り上げることができるのが注文住宅最大の魅力ですね。時間がかかっても出来上がるまでの過程をしっかりと楽しめる、という人に向いています。

© Copyright Custom Homes Afford. All Rights Reserved.